ベトナム映画「ハイ・フォン」2週間で興行収入1350億VND

ベトナム現地紙によると、2月22日に現地で公開されたNgô Thanh Vân(ゴ・タイン・ヴァン)主演のベトナム映画「ハイ・フォン(原題:Hai Phượng、英題:Furie)」が、公開2週間で興行収入1350億VND(約6億5900万円)を突破しました。「ベトナム市場におけるアクション映画の興行収入の記録を更新」と報じているメディアも。

先行上映2日の時点で興行収入120億VND(約5850万円)に達し、2019年のテト(旧正月)に合わせて公開されたベトナム映画「Cua Lại Vợ Bầu」の先行上映3日で120億VND突破という記録を抜いたとのこと。「Cua Lại Vợ Bầu」は現時点で興行収入1800億VND(約8億7800万円)に達しているようです。

「ハイ・フォン」は2017年から適用されているレイティングでC18(18歳未満の入場・鑑賞禁止、日本でいうR18+)ですが、新しいレイティングが適用されて以降、興行収入が最も高いC18映画ともなったそう。

中の人が公開直後に観に行ったときは、1日の上映回数がなんと30回近いシネコンもありました。公開から2週間が経った現在も勢いは衰えず。人気の要因はやはり激しくも美しいアクション、そしてゴ・タイン・ヴァンの演技。この作品は3月1日にアメリカでも公開され、3月8日からはカナダでも公開されています。

「ハイ・フォン」は、2019年3月8日(金)から17日(日)まで開かれる「第14回大阪アジアン映画祭(Osaka Asian Film Festival 2019)」で日本初上映となります。「第14回大阪アジアン映画祭」のクロージング・セレモニーでは落合賢監督の「パパとムスメの7日間(原題:Hồn Papa Da Con Gái)」も上映されます。

なお、過去に興行収入が1000億VND(約4億8800万円)を超えたベトナム映画として、「ハイ・フォン」のほか、「Cua Lại Vợ Bầu」(2019年2月)、「Trạng Quỳnh」(2019年2月)、「17歳の恋愛注意報!(Em Chưa 18)」(2017年4月)、「Siêu Sao Siêu Ngố」(2018年2月)、「ベトナムの怪しい彼女(Em Là Bà Nội Của Anh)」(2015年12月)、「Để Mai Tính 2」(2014年12月)があります。

参考:
Phim ‘Hai Phượng’ thu hơn 135 tỷ đồng ở Việt Nam

ベトナムへのご旅行はこちらからどうぞ