【ベトナムフェスティバル2019】レポート~2日目~【ベトナムエンタメおっかけ通信 第2号】

ベトナムエンタメおっかけ通信

日本国内最大級の日越交流イベント「ベトナムフェスティバル2019」が、6月8日・9日の両日に東京・代々木公園で開催されました。

1日目に引き続き、2日目のレポです。2日目もイラストレーターのハタメさんことハタメグミさんとご一緒させていただきました。

2日目は、【Japan Vietnam Dream Audition ”YORI” Japan Debut Live】【虹ユニバース】【上野優華、曽根由希江、河村唯】【Special Performance サンプラザ中野くん&パッパラー河合】【Love VIETNAM SHOW(Uyên Linh / Microwave Khanh / Phạm Quỳnh Anh / YORI / GYPSY QUEEN)】の5企画についてです!

ベトナムフェスティバルの概要や1日目の様子、両日出演のアーティストの詳細については、1日目のレポをご参照ください。

“YORI” Japan Debut Live

YORI1

ダンスグループ「Lip B(リップビー=Light In Pandora Box)」のメンバーで6月に日本でソロデビューしたばかりのYORI(ヨリ)ちゃん。デビューライブはベトナムフェスティバルのステージ!

2018年に日越外交関係樹立45周年記念事業「Japan Vietnam Dream Audition」で優勝し、5000人の中から選ばれた実力の持ち主。芸名の「YORI」は「花より男子」の「より」からとったもの、という紹介も。

YORIちゃんのプロフィールは以下から。

デビューライブのセットリストは、中山美穂のカバー曲「ただ泣きたくなるの」と、Lip Bの楽曲「Love You Want You」の2曲をいずれも日本語で。日本語を勉強中とのことで、MCも日本語でした!

YORI2

「ただ泣きたくなるの」では、しっとりと聴かせて、Lip Bのポップなイメージと違う一面が。

YORI3

そして2曲目、「Love You Want You」の日本語バージョン。4人の男性ダンサーを従えて踊る、歌う。最初、ヘッドマイクが入らないというトラブルがありつつも、ハンドマイクに持ち替えて乗り切った。1曲目とは打って変わってかっこいいナンバー。この振り(上の写真)も覚えたい!

YORI4

「ニッポン大好き~!」、「皆さん手拍子~!」と日本語であおっていてかわいかった&盛り上がった!

YORI5

総合司会のフォンチーちゃん、このときは緑のアオザイ。美しい…。

YORI6

デビューライブの後は、ステージ横のブースでCD販売&サイン会!

ハタメさんと私が一番乗りでした。ビニール包装されたままのCDを渡されて、「どこにサインする?(包装)開ける?」と戸惑うYORIちゃん。しかもなかなかビニールが破れない。でもこのおかげで待ち時間ができて、YORIちゃんとおしゃべりできた…!間近で見ても本当にほんとうにかわいくて、握手したまま目を見て話してくれて、緊張しすぎて手も声も震えました…。

周りの皆さんが必死に包装を開けてくださって、無事にサインももらえました♪

これから日本でもたくさん活動して欲しい!追いかけます!

虹ユニバース

虹ユニバース1

ホーチミン市を拠点に「ベトナム初の日本式アイドルグループ」として活動している「虹ユニバース(Niji Universe Inc.=虹バス)」。1日目に続いて2日目もステージに登場。出演メンバーは、出演は(↑の写真左から)ゆみちゃんねこねこちゃんささちゃんの3人。

この日の午前中、ステージ裏に向かう3人と虹のリーダーのふぅちゃんを発見した私とはためさん。一番後ろを歩いていたふぅちゃんに「ふぅちゃんですよね?!」と話しかける(びっくりさせてごめんなさい)。応援していることを伝えられた…!ふぅちゃん、本当に日本語も上手。お話できたのはふぅちゃんだけだったけれど、4人ともかわいかった~!

虹ユニバース2

虹ユニバース3

ねこねこちゃん

虹ユニバース4

ゆみちゃん

虹ユニバース5

ささちゃん

MCは1日目と同じく日本語(ねこねこちゃん担当)とベトナム語。セトリも1日目と同じだった(と思う)。

虹のステージが終わってステージ裏手を通りがかったら、ものすごい人だかりが。何だろうとのぞいてみると、虹の撮影会!日本で初めてのライブにしてこの人気っぷり。ベトナムでも日本でも、もっと活躍の場が広がってあちこちで彼女たちを観られるようになったら嬉しいな~とこっそり願っています。

上野優華、曽根由希江、河村唯

上野優華

「アジアの天使」こと上野優華さん。

歌手・女優として活動する上野さんは、2017年8月にクアンナム省ホイアン市で開かれた「ホイアン日本祭り2017」に「一日観光親善大使」として初参加。2018年8月の「ホイアン日本祭り2018」では「ホイアン日本祭り観光親善大使」、同年10月には新サーカス「The Mist(ザ・ミスト)」スペシャルサポーター、同年11月には「神奈川フェスティバルinハノイ」スペシャルサポーターを務めるなど、ベトナム関連イベントに欠かせない方です。

そしてベトフェスの場で、2019年8月9日(金)から11日(日)にかけてホイアン市で開催される「ホイアン日本祭り観光親善大使」に任命されました!

私も、2018年に神奈川県で「The Mist」を観劇したときがちょうど上野さんによる特別プログラムで、初めて生で彼女の歌声を聴いて鳥肌が立つほど感動したのでした。

衣装は黄色いアオザイ。セトリは自身の楽曲「はじまりのうた」と、ベトナムのヒット曲「Em Gái Mưa」の日本語バージョンでした。「はじまりのうた」は、「The Mist」のときにも歌っていたのですが、聴いていると元気が湧いてくる。大好きな1曲です!

そして「Em Gái Mưa」は、ベトナム映画「Em Gái Mưa」の題材にもなった曲。イントロが流れると、観客席にいたベトナム人からも歓声が。うっとりと聴き惚れてしまいました。

河村唯

河村唯さん。

河村さんはフォンチーちゃんと同じく元アイドリング!!!メンバー(12号)。アイドリング!!!は、8月2日(金)から4日(日)にかけてお台場・青海周辺エリアで開催される日本最大のアイドルフェスティバル「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」で「1日限りの同窓会ING!!!」を行うそうで、河村さんも出演メンバーに入っています!

河村さんは、薄紫色のアオザイをまとい、ベトナム人歌手Phương Ly(フオン・リー)の「Anh Là Ai」をベトナム語で。この曲もとても良い曲。

曽根由希江

曽根由希江さん。

シンガーソングライターとして活動する曽根さん。「王様のブランチ」の元ブランチリポーター。お父様は作曲家の曽根幸明氏。ピアノ弾き語りをはじめ、幅広く活動していらっしゃいます。

水色のアオザイで、1日目にUyên Linh(ウエン・リン)さんも歌っていた「Hello Vietnam」と、オリジナル曲「Beautiful Lady」を弾き語り。力強い歌声にピアノの音色、もっと色々な曲を聴いていたい!と切に感じました。

曽根由希江、上野優華、河村唯

ラストは3人で、曽根さんが作詞作曲を手掛けた日本とベトナムの交流ソング「青」を。

サンプラザ中野くん&パッパラー河合

サンプラザ中野くん&パッパラー河合1

ベトフェス恒例、サンプラザ中野くん&パッパラー河合さんのおふたりによるステージ!

サンプラザ中野くん&パッパラー河合2

サンプラザさんがなかなか現れず、パッパラーさんだけのリハ。サンプラザさんの高さに合わせたマイクの前で背伸びしながら「Runner」を「ラ~ラ~ラ~ラ~♪ヘイヘイ♪」と歌うパッパラ―さん。そしてサンプラザさんも登場し、まずは「大きな玉ねぎの下で(令和元年 Ver.)」。

2曲目は「Runner」。1988年リリースなのでもう31年前!しかしいつ聴いてもテンションが上がります。

「Runner」の紹介で、「日本で一番有名なロックナンバー!」を繰り返すサンプラザさん。そしてあんちょこなしでベトナム語でも。「バイロック、ノイティンニュンタイニャッバン」。ニュンて何だ?ニエウ(nhiều=たくさん)かな?「Bài Rock nổi tiếng tại Nhật Bản(バイロックノイティエンタイニャットバン)」、ここはわかりましたよサンプラザさん!

会場があまりにも「?」なので、袖にいたフォンチーちゃんを呼ぶ。フォンチーちゃんが「Bài Rock nổi tiếng」と教えるも、サンプラザさんがしきりに「ニュンタイニャッバン!」を繰り返すので、フォンチーちゃん、ベトナム語で「ニュンlà gì vậy?!(ニュンって何?!)」と困る。この言い方がとってもかわいかった…フォンチーちゃんは南部なまりなんですね。

「Runner」のサビはベトナム語で。「走る~走る~おれ~た~ち~♪」は「Chạy chạy chạy chạy chúng Ta♪」です。

3曲目は「リゾ・ラバ -Resort Lovers-」。

いくつになってもおふたりとも格好良いし、会場の盛り上がりもすごいし、とっても楽しかった!

ところでサンプラザさんについて書くとき、「サンプラザ中野くん」でよいのか「サンプラザ中野くんさん」のほうがよいのかいつも迷います。ベトフェスの司会の方は「サンプラザ中野くんとパッパラー河合さん」と紹介されていました。

Love VIETNAM SHOW

2日目のステージのラストも1日目と同じく「Love VIETNAM SHOW」。

アジア各国で公演を行い、ベトフェスでは初回の2008年からホストバンドを務めている日本のバンド「GYPSY QUEEN(ジプシークイーン)」、そしてベトナムの人気アーティストたちが出演。今年はベトナムから、女性歌手Uyên Linh(ウエン・リン)さん、ロックバンド「Microwave(マイクロウェーブ)」のメインボーカルTuấn Khanh(トゥアン・カイン)さん、女性歌手Phạm Quỳnh Anh(ファム・クイン・アイン)さんと、午前中にデビューライブを行ったYORIちゃんの4人がステージでパフォーマンスを披露しました。

しかし、この頃にはかなりの雨が。カメラが濡れないように何とかしつつ、観客の傘の間から頑張って撮りました…。

出演アーティストや曲の詳細は、1日目のレポをご参照ください。

GYPSY QUEEN(ジプシークイーン)

Hồ Quỳnh Hương(ホー・クイン・フオン)の楽曲「Vũ Điệu Hoang Dã」をベトナム語で。

Love VIETNAM SHOW1

2曲目は1日目と同じく、五輪真弓「心の友(ベトナム語:Khi Cô Đơn Anh Gọi Tên Em)」。GYPSY QUEENのShinon(シノン)さんが日本語で、途中からクイン・アインさんが登場してベトナム語で歌い、最後は2人で日本語で歌いました。

Phạm Quỳnh Anh(ファム・クイン・アイン)

Love VIETNAM SHOW2

MCはほぼベトナム語で、日本語で挨拶も。2日目も「ニッポンダイスキ!」がとてもかわいかった。「また(ベトナムフェスティバルに)戻ってきたい」とおっしゃっていました。

セットリストは「Bụi Bay Vào Mắt」、「Tình Yêu Cao Thượng」(アカペラでフレーズ少しだけ)、「Tất Cả Sẽ Thay Em」、「Nợ Ai Đó Cả Thế Giới」の4曲で、1日目と同じ。

この写真を見て思いましたが、クイン・アインさんって坂本冬美さんに似ていませんか。私、クイン・アインさんのお顔がとても好きなんですが、冬美さんも大好きなんです…。

Microwave(マイクロウェーブ)Tuấn Khanh(トゥアン・カイン)

Love VIETNAM SHOW3

こちらもセトリは1日目と同じく、「Phai」、「Những Chuyến Đi Dài」、「Chỉ Là Giấc Mơ」、「Tìm Lại」の4曲。「Những Chuyến Đi Dài」については1日目のレポへ。

Uyên Linh(ウエン・リン)

Love VIETNAM SHOW4

セトリは1日目より2曲減って1曲増えました。「Chờ Người Nơi Ấy」「Bài Hát Của Em」、「The Colors of Vietnam」、「Đi Để Trở Về」。1日目にはなかった「Chờ Người Nơi Ấy」は2013年の映画「レディ・アサシン 美人計(Mỹ Nhân Kế)」の曲。「Đi Để Trở Về」は、 映画「ベトナムを懐う(Dạ Cổ Hoài Lang)」の曲。

雨でステージも濡れている中、高いヒールを履いていらっしゃるのでハラハラ。と思いきや、「降りちゃおうかな」と観客の手を借りてステージ下に降りてきた!ものすごいサービス精神。でも真っ白い衣装が汚れたり破れたりしなかったかしらとドキドキしてしまった。

Love VIETNAM SHOW5

さて、このあたりからいよいよ雨が本降りに。観客も皆傘を差し始め、後ろの方は椅子の上に立ち始め、もはや写真どころではなくなってしまいました…。

YORI(ヨリ)

まともに撮れた写真がない…涙。午前中のデビューライブに続いてこの日2回目の登場となったYORIちゃん。セトリは1日目と同じく、小比類巻かほるのカバー曲「Hold On Me」、Lip Bの楽曲「Love You Want You」の日本語バージョン、「Bùa Yêu」の3曲でした。

フィナーレ&テーマソング「Happy To See You」

ラストはGYPSY QUEENが手掛けたベトフェスのテーマソング「Happy To See You」を全員で。片面にベトナムの国旗+日本語の歌詞、もう片面に日本の国旗+ベトナム語の歌詞が描かれた紙が配られ、皆で歌ってベトフェス2019が閉幕しました!

最後のほうは雨で視界も悪くちょっと残念でしたが、丸2日間ベトナムのエンタメを全力で楽しめて最高でした!

その他おすすめ記事と広告