「ベトナム映画祭2018」開催決定!まずは横浜で9月1日から

「ベトナム映画祭2018」の開催が決定しました!ベトナム映画好きには見逃せない、日本でベトナム映画をいっぺんに観ることができるイベントです。

まずは9月1日(土)から9月9日(日)まで、神奈川県横浜市のミニシアター「シネマ・ジャック&ベティ」をメイン会場として開催されます。その後は、東京、大阪、名古屋など全国でも順次開催されるとのこと。

これは、日越国交樹立45周年記念事業のひとつで、2015年から毎年開催されている「ベトナムフェスタin神奈川」の共催企画としてベトナム映画の特集上映やシンポジウムが行われます。

現在、開催に向けてクラウドファンディング・プラットフォーム「MOTION GALLERY」で支援も募集中。リターンも充実しています。

クラウドファンディングのプロジェクト紹介の部分に、「ベトナム映画の殆どが福岡や大阪などアジアを題材にした映画祭で数回上映されるのみで、ベトナム映画を観る機会は、まだまだ少ない」とありました。

私もまさに同じ想いで、ベトナム語がわからずとも言葉を超えて映画を楽しむことができる、ということを広めたいと、このサイトを立ち上げました。(最近の映画はベトナム現地でも英語字幕がつきますし、日本版DVDが出ていれば日本語字幕や日本語吹き替えでも観ることができます。)

「ベトナム映画祭2018」のプロジェクトのプレゼンターであるアルゴ・ピクチャーズさんは、2017年にベトナム映画「草原に黄色い花を見つける(越題:Tôi thấy hoa vàng trên cỏ xanh、英題:Yellow Flowers on the Green Grass)」を配給されています。

この映画、ベトナムの超有名作家Nguyễn Nhật Ánh(グエン・ニャット・アイン)氏による同名の長編小説が原作で、これまた超有名映画監督のVictor Vũ(ビクター・ブー)氏が映画化し、ベトナムで2015年に公開されたものです。ちなみに原作は2017年12月に日本語版も出版されています。

1980年代の田舎の村を舞台に幼い子供たちが家族や友情、恋に揺れるストーリーなのですが、現地では「田舎で暮らしていた幼い頃を思い出す」など、ノスタルジックなストーリーと映像が共感を呼び、大ヒット映画となりました。2015年のベトナム国産映画興行収入トップは、この映画です。

私も新宿武蔵野館での上映を観に行ったのですが、ベトナム人の観客も多く、きっと海外で自国の映画を観られるって嬉しいだろうな、と思う一方、公開される劇場や上映期間も限られていたので残念にも思ったのでした。

話がそれましたが、とにかくベトナム映画を1人でも多くの日本の皆さまに知っていただきたいという想いはきっとこの映画祭もこのサイトも同じ。これから、映画祭での上映作品についてもサイトで紹介していきます!