【東京国際映画祭】ベトナム映画2本の上映が決定!

2018年10月25日(木)から11月3日(土)まで開かれる「第31回東京国際映画祭(TIFF)」で、ベトナム映画2本が上映されます!

選ばれた作品は、ベトナムで2018年3月に公開された「輝ける日々に (『サニー』ベトナム版)(原題:Tháng năm rực rỡ)」と、2018年8月に公開された「ソン・ランの響き(原題:Song Lang)」です。

輝ける日々に (『サニー』ベトナム版)

輝ける日々に(『サニー』ベトナム版) (Tháng Năm Rực Rỡ)

「輝ける日々に (『サニー』ベトナム版)」は、様々な切り口のもとでアジア映画を特集する部門「国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA」での上映となります。同部門の5年目を迎える2018年は「#05 ラララ 東南アジア」として、音で旅する東南アジア映画をテーマに、各国のロケーションや時間・時代の流れを通じて東南アジアの現在と歴史を紐解きます。

2011年公開の韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」のベトナム版リメイク。日本でも2018年8月に「SUNNY 強い気持ち・強い愛」として日本版リメイクが公開された。日本版では篠原涼子、広瀬すず、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美、池田エライザ、山本舞香らが出演。

1975年、女子高校生だった6人組の仲良しグループは、時を経て散り散りになり、それぞれがそれぞれの人生を歩んでいた。25年後の2000年、Hiểu Phương(ヒエウ・フオン)は、グループの1人だったMỹ Dung(ミー・ズン)と偶然再会し、ミー・ズンが末期のがんに侵されていることを知る。そこでヒエウ・フオンは、当時のメンバーで再び集まりたいというミー・ズンの最期の願いを叶えるため、皆を探すことに決める…というストーリー。

ソン・ランの響き

ソン・ランの響き

「ソン・ランの響き」は、長編映画3本目までのアジア新鋭監督の作品を上映するアジア・コンペティション部門「アジアの未来」での上映となります。この部門では、最優秀作品に「アジアの未来 作品賞」が、さらに国際的な活躍が期待される監督に「国際交流基金アジアセンター特別賞」が贈られます。

ベトナム南部の歌劇「カイルオン(cải lương)」がテーマ。1980年代のホーチミン市を舞台に、カイルオンの劇団員だった両親のもとで育ちながらも過去のトラウマから芸を継がずに借金の取り立て屋となったズン(Dũng)と、カイルオンの人気劇団員のリン・フン(Linh Phụng)。闇の世界でひっそりと生きるズンと華々しい世界で活躍するリン・フンは正反対の2人だったが、それぞれが悩みを抱え、カイルオンを通じて次第に分かり合っていく…というストーリー。

上映スケジュールとチケット販売

東京国際映画祭の上映スケジュールの公開は10月1日(月)、チケットの一般販売は10月13日(土)12時より映画祭公式サイトにて。

東京国際映画祭の「輝ける日々に (『サニー』ベトナム版)」の作品紹介ページはこちら

東京国際映画祭の「ソン・ランの響き」の作品紹介ページはこちら

おまけ

Song Langの顔出しパネル

現地の映画館で「ソン・ランの響き」が上映されていたとき、映画館にあった顔出しパネル。ボックス型になっていて、中に入って主演の2人と一緒に写真が撮れるというものです。とりあえず無人のまま外観だけ写真を撮りました。