【ベトナム映画名鑑】青いパパイヤの香り (Mùi đu đủ xanh)

作品データ

青いパパイヤの香り (Mùi đu đủ xanh)
青いパパイヤの香り (Mùi đu đủ xanh)
製作国 フランス
原題 Mùi đu đủ xanh
仏題 L’Odeur de la papaye verte
英題 The Scent of Green Papaya
邦題 青いパパイヤの香り
ジャンル 恋愛、ドラマ
公開 1993年6月 (日本公開は1994年8月)
監督 Trần Anh Hùng (トラン・アン・ユン)
脚本 Trần Anh Hùng (トラン・アン・ユン)
製作 Christophe Rossignon (クリストフ・ロシニョン)
時間 104分
DVD 日本版DVD・Blu-rayあり:「青いパパイヤの香り(HDニューマスター版)」 (販売元:ハピネットピクチャーズ、2016年4月2日発売)
言語 ベトナム語 (字幕なし、DVDは日本語字幕あり)
キャスト 20歳のMùi (ムイ) 役:Trần Nữ Yên Khê (トラン・ヌー・イエン・ケー)
10歳のMùi (ムイ) 役:Lư Mẫn San (ルー・マン・サン)
母親役:Trương Thị Lộc (チュオン・ティ・ロック)
Ti (ティー) 役:Nguyễn Ánh Hoa (グエン・アイン・ホア)
Khuyên (クエン) 役:Vương Hoa Hội (ヴオン・ホア・ホイ)
父親役:Trần Ngọc Trung (チャン・ゴック・チュン)

あらすじ

1950年代のサイゴン(現在のホーチミン市)を舞台に、主人公の少女Mùi(ムイ)の人生を淡々と描いた作品。ムイは、サイゴンのとある布商人の一家に使用人として雇われる。この一家には、主として布地屋を営む母親と、何もしない父親、父親の両親、息子3人がおり、ムイは使用人として一家の様々な人間模様を目にする。さらにその10年後に使用人として雇われた先は、婚約者と過ごす時間よりもピアノを弾く時間を好む、とあるピアニストの家だった。

中の人的見どころ

トラン・アン・ユン監督のデビュー作で、カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)とセザール賞新人監督賞を受賞。アカデミー外国語映画賞にもノミネートされました。台詞が少なく、静かな中に繊細な人間模様が描かれた、とても美しい作品です。